Amorphous Black Coffin

Date : 2015年07月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラブジャムンを食べてみた

世界一甘いお菓子と呼ばれているグラブジャムンが通販で売られていたので買って食べてみました。

sIMG_8030.jpg


因みにどんなお菓子かと言いますと、
ミルクを酢で分離させ、その上澄みを掬って丸め、油で揚げたものをシロップ漬けにしたものです。

さて、まずは缶の裏側を確認。
原材料は砂糖、乳脂肪、小麦粉、パーム油、カルダモンですね。

sIMG_8031.jpg


開封。
丸い物体がシロップにぷかぷか浮いております。

sIMG_8032.jpg


掬い出して皿に置いてみる。
シロップひたひたです。

sIMG_8033.jpg


いただきます。

sIMG_8034.jpg


お菓子に歯が入った瞬間、香料(カルダモン)の混じった甘みがジュワっと出てきます。
これは甘い。甘さが突き抜けすぎて美味いんだか不味いんだか分からないくらい甘い。

3個だけ食べて、残りはタッパーに入れて冷蔵庫へinしました。
これは疲れた時に少しづつ食べよう。あと保存食にしよう。うん。

興味と勇気がある方は是非どうぞ
スポンサーサイト

Top

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。