Amorphous Black Coffin

 過去記事はこちら→http://makotokurosaki.wordpress.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キジ肉を食べる

静岡県浜松市にあるきじ亭でキジ肉が食べられるらしいので行ってきました。

国鳥を食べるなんてとんでもない!と思う方がいるかもしれませんが(私も思っていました)、キジが国鳥に選ばれた理由は「大きく、肉の味がよく、狩猟の対象に良い」という理由が含まれています。
ならば日本人が古来より愛した肉の味、知っておこうではないか!というわけです。

きじ亭を目指し、車で山奥へ山奥へと向かっていきます。
こんなところ(失礼)にお店を立ててお客さんは来るのだろうか……勝手に心配していたのですが、どうやら近くに方広寺があるらしく、観光ツアーのコースになっているみたいです。

店内に入ってキジ肉を注文します。
鍋も良さそうだったけど、やっぱり最初は焼いて食べてみないとね!


さて、肉が到着です。凍ってるねー。

s2013-06-01 11.39.22


s2013-06-01 11.38.20


焼いて焼いて……。

s2013-06-01 11.40.42

s2013-06-01 11.41.27


お店特製の薬味が入っているタレにつけて食べます。

s2013-06-01 11.42.38


これはうまい!
味が濃く、脂が少ないのでヘルシーです。
私はもともと肉の脂が苦手なのでとても美味しく感じます。
好みと一致した感じです。グルメ細胞が反応しているぜ!

そしてタレに使用されている薬味のバランスが絶品ですね。
コレ、家で再現できないかなー。普通の焼肉でも使えそう。

あれやこれやと完食。
肉が美味すぎて米が余るってのは初めての体験でした。

次回は要予約のキジ寿司とかを食べてみたいですねー。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://makotokurosaki.blog103.fc2.com/tb.php/55-07180251

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

Top

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。